お給料をもらったら即袋わけで楽チン節約

お給料日にはあんなにお金があったのに、気がつくともう手元にお金がなくて、次のお給料日までに、ATMでちょこちょこ下ろしてしまう…という方、結構いらっしゃると思います。そんなあなたにお給料を袋わけをすることで、知らない間に節約ができちゃう方法をご紹介します。まず、お給料を下ろす前に予算立てをします。基本的に住居費や保険料、最近は光熱費も口座引き落としの方が多いと思うので、手元で使うお金、食費、雑費、お小遣いの3つくらいざっくりでいいのです。今回は食費と雑費に特化して説明します。そして、お札が入るサイズのクリアパックを6枚用意します。食費と雑費を足して、6で割った金額をそれぞれのクリアパックに入れます。そして、1週間に1袋ずつ使いきって行くようにします。1ヶ月は多くても5週までしかないので、1袋余る計算になります。余った1袋は予備費として置いておくことで、突発的に必要になった場合にも余裕を持って対応することができます。忙しい毎日の中で、1ヶ月単位でお金の管理をすると、いつ使いすぎてしまったかが分かりにくくなってしまいます。なので、袋分けにし、1週間毎に細切れにした上で予備費も作っておくと、どの週で使いすぎてしまったかが分かる上に1ヶ月全体では予算オーバーする危険がぐっと下がるのでお勧めです。消費者金融 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です