アーカイブ | 10月 2015

国民に目を向ける政治をしてほしい。

日本といえば、かつてはアメリカに次ぐGDPを誇る経済大国でした。現在でも、日本は先進国の一員であり、世界にとってもなくてはならない存在となっています。しかし、現在では以前と違いGDPの順位も、中国に抜かれ3位になっています。

また、その他のアジア諸国に目を向けても、韓国や台湾やシンガポール、そして香港なども経済発展が著しく大きな成長を遂げています。また、その他世界に目を向けても、ブラジルやロシアなどの新興国も、今後の成長が予測されています。

つまり、以前は欧米諸国に追いつこうと頑張っていた日本も、今ではすっかりと成熟化を迎え、新興国の影響も強まりつつあります。その結果、以前のような大きな経済成長や、世界的な地位の上昇などは難しくなると思います。

しかし、それは決して悪いことではないと思います。今の日本の成熟化はチャンスととらえ、今までとは違う政治や経済への方向転換を行ってほしいです。それは、国民一人一人に向けた政治をしてほしいということです。

大きな経済成長が難しくなったからこそ、目標を変え誰もが住みやすく働きやすい、国づくりをしてほしいです。特に、国内には少子高齢化や人口減少、ブラック企業の増大など様々な問題があるので、それらについて細かく目を向けてもらいたいです。銀行カードローンなら全部総量規制対象外カードローンなので安心して借りれます。