アーカイブ | 7月 2016

何度も訪れる金欠を乗りきる!

子どもの新学年を迎える春先にはとても金欠に襲われます。もちろん、そこに向けてあるときに置いておく(できれば数万円でも定期預金を組んでおく)のがいちばんです。

基本、買い物は一人で行きます。主人や子どもが一緒だと無駄な買い物をすることになります。

冷蔵庫の中のもの、家にあるものをしっかり把握し無駄をなくす。私の場合は、パスタソースやドレッシング系が余ってたりすることがあり期限切れになってしまう前に使う。金欠時には料理の味付けに使えそうなもの、パスタソースやふりかけ等々を使ってみたりしました。

あとは、食事面ではボリュームが出る食材選びをし見た目の嵩増しをしたり。

小銭が財布に増えると貯金箱へと入れたり。何とも辛いときはカード払いで乗りきりました。(その為に定期預金は必須!!)

できれば簡単にでも日々のお金の動きを書き出しておくべきですが、忙しくなかなかできないとか、気がつけばレシート溜まるばかりとかナカナカうまくいかない場合、とりあえず引出しをした額、使いすぎた!と思ったときのその内容だけでもカレンダーに書いてみましょう。すると、あっ!この日に使いすぎてる!また、お金引出ししてしまった!等々気付くことができます。

そーすると、徐々に意識できるようになるかも?と思います。
銀行カードローン 審査

とにかく光熱費を節約する

実家で暮らしていないのならば、とにかく毎月の出費となる水道光熱費はなるべく節約をしたいものです。その方法というのはいくつかあると思います。

まずは、水道代とガス代の節約です。日頃からジムに通っていている場合には、そこにあるシャワーで済ませてしまうという手があります。職場でもそのような設備があれば積極的に利用したいものです。毎日自宅でお風呂に入っているとやはり光熱費はアップしてしまいます。冬の寒い時などは、体をタオルで拭くだけで乗る切るという話もよく聞きます。

それからエアコン代の節約です。特に暑い季節はクーラーを付けっぱなしにすることが多く、これがかなりの金額アップになってしまいます。この対策としては、まず自宅になるべくいないようにするという手です。会社になるべく長くいたり、近所のカフェで涼しくなるまで粘るという方法もあります。それから図書館の利用や、無料で利用できる博物館などもけっこうねらい目です。見聞も広くなって一石二鳥かもしれません。

あとは生活習慣を早寝、早起きにすると無駄な電力を使い続けることなく済んだりします。冷暖房をつけるならば、早起きをしてファストフードのお得なモーニングセットを食べに行くという手もあります。即日キャッシング 無審査