アーカイブ

アコムのCMはいつも良い印象を与えてくれます

アコムのCMには歴史があります

最初のキャッチフレーズは、元気なカードというものでした。そして1980年代には、たちまちキャッシング、アコムというようなフレーズを使うようになりました。そして1994年には、自動契約機のむじんくんのイメージキャラが登場したのです。

このキャラの名前は「チャント星人」というものでした。そして音楽が一緒に流れていたということもあり、インパクトを見る人に与えたのです。

その後のアコムのCM

その後、アコムマスターカードのCMも流れるようになりました。この頃にはアコムの知名度はかなり高いものになっていたのです。そして2000年からは、シンガーソングライターの鈴木崇の楽曲である「はじめての、アコム」という曲が流れ始めました。

そして、2001年には、さわやかな女性店員をメインにするというCMになり、消費者金融のイメージをガラッと変えるきっかけになりました。他の消費者金融も同様ですが、この頃には人々から利用されることが増えて、以前とは大きく変わってきたのです。

多くのタレントを起用

アコムのCMについては、様々なタレントが登場しています。それがCMを見ている人にとって、飽きさせないテクニックなのかもしれません。現在ではタモリ、そして永作博美がCMに出ています。

色々な趣向をこらして、出来るだけさわやかで利用がしやすいと感じさせるCMの仕上がりになっています。それにより、利用する人が増加中です。やはりメディアの力の大きさを感じずにはいられないですね。